カテゴリー:調理器具

2015年06月14日

備長炭を使って、さらにおいしいお米を食べよう!

お米を更においしく炊くコツとして「備長炭」を使う方法があります。

備長炭.jpg

備長炭――

そう、黒い木炭の一種の、あの備長炭です。

こんな感じの。

8ec34d10825d60fd95a9d46680695cf4_s.jpg

これを、炊飯時にお米の上にのせて炊くと、
様々な備長炭効果でお米がさらに美味しくなるのです^^


しかし、備長炭をまだ使ったことがない場合は、

「えええ、こんな黒いものを白いご飯の上にのせて大丈夫なの?」

「炭って、あの炭でしょう? 使い方がサッパリ分からないんだけど……」


と、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。


というか、私も最初、
「お米に炭!」と聞いたときは「なにそれ、こわい」と不安に思いました 笑


というワケで、ここでは、炊飯時における備長炭の使い方を解説していきます。


★使い始めは、備長炭の表面をタワシで洗ってから10分間煮沸消毒を!

ご自宅に届いた備長炭は、これまでの経由地点で空気の汚れを炭に吸着している場合があります。
食べ物に使うものですので、使用前には、備長炭の表面をタワシで洗ってから、
10分ほど、熱湯で煮沸消毒をしておくといいでしょう。


★炊飯器の釜の中に備長炭をふつうにのせて、そのまま炊く

使い方は簡単です。
備長炭を炊飯器の内釜の中にいれて、そのまま炊飯ボタンをON!

そうすると、備長炭のもつ遠赤外線効果によって、お米全体に均等に熱がいきわたり、
ムラのない仕上がりになります。

また、備長炭には脱臭効果があります。

水道水のカルキ臭をはじめ、古いお米のにおいなども消臭してくれます。


また、備長炭にはミネラルが含まれています。
炊飯時に備長炭をのせておけば、
炭の中のミネラル分――カルシウムがご飯の中に溶け出していきます。

おいしい上に、ミネラル、カルシウムも摂取できる備長炭はまさにスグレモノなのです^^



★使用後の備長炭の手入れ方法

その日、使い終わった備長炭はしっかりと水洗いを!

表面にくっついたご飯をタワシでこすり落として、風通しの良い場所で乾かしましょう。
2〜3ヶ月は、繰り返して使うことができます。

このとき、洗剤は使わないように注意してくださいね。

備長炭が洗剤のにおい、成分を吸着してしまい、

「お米を炊いたら、洗剤の味がする……」と、せっかくの備長炭がダメになってしまいます。

汚れが気になる場合は、10日ごとに煮沸消毒するのもオススメです。

また、お米を保管している容器に備長炭を入れておくと、虫の侵入や嫌なにおいをふせいでくれます。


★お米に使えなくなった備長炭はどうする?

備長炭をのせて炊飯しても、なんとなく効果が見られなくなったなー?
というときは、備長炭を新しいものと取り替えましょう。

使い終わった備長炭は、冷蔵庫の消臭や園芸などにも使うことができます。


★備長炭を入れるとどうして美味しくなるの?

備長炭には、人間の目には見えない細かな穴がたくさんあります。
この穴が、ご飯の味を落としてしまう粒子を吸着させる為、
おいしいご飯が出来上がるのです。


炊飯時にポンと入れるだけの備長炭。

便利で健康にも良いので、よかったら試してみてくださいね^^


土佐 黄金の備長炭(1本)[備長炭 炊飯用]
posted by お米さん at 11:37| 調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

炊飯器を使って一層おいしくごはんを炊くために気をつけること3点

おいしいお米を炊き上げる際に便利なのが炊飯器です。
最近ではハイテクな炊飯器も登場していて驚きますが、
炊飯器の本分はやはり「お米をおいしく炊くこと」ですよね。

そこで、この記事では

「炊飯器を使って、より一層おいしくごはんを炊くために気をつけること3点」

を解説してみたいと思います。
0343dbc1102b4f4f1f1c00a27d5e25f5_s.jpg

炊飯器でごはん ポイント@
★内釜の目盛りはあくまでも目安! 様子をみつつ水加減を微調整しよう

炊飯器は、お米の品種や産地、食べる時期や保存状態などによっても最適なお水の量が変わってきます。
また、個人個人で
「固めのごはんが好き!」
「自分は柔らかめがいいな」といった好みもありますので、
内釜の目盛りは目安程度に考えて、微調整は都度行うと良いです。

【例】

・新米や精米したてホヤホヤのお米は水分を多く含んでいるので、お水は少なめにする
・古いお米や鮮度が落ちているお米は乾燥しているので、お水を多めにする

いちど実際に炊いて食べてみて、
「ちょっと固すぎたなぁ」と感じたら次回は内側の目盛りから1ミリちょっとお水を多くしてみる、
というように、いろいろと研究してみてくださいね。


炊飯器でごはん ポイントA
★炊飯器は炊き上がってから10分ちょっと蒸らそう

最近では、お米が炊き上がるとピロピロと音がする炊飯器もありますが、
炊き上がったからといってすぐに蓋を開けるのはちょっと待った! です。

炊きたてのごはんは10分ちょっと「蒸らす」と、さらにおいしくなるのです。

炊飯器に蒸らしまでやってくれる機能がついている場合は別ですが、
そうではない場合、スイッチが切れたあと、そのまま10分〜15分ほどふたを開けずにそっとしておきましょう。

そうすることによって、炊飯器の中のごはんを蒸らすことができます。

蒸らしの時間が少ないと、ごはんに芯が残ってしまいます。

ただ、逆に蒸らしすぎてしまうと、今度はごはんが水分を吸いすぎてベタベタになってしまうので注意!

蒸らし時間は「10分ちょっと」がおすすめです。


炊飯器でごはん ポイントB
★炊飯器の電源コードはタコ足配線しないように注意!

意外とやってしまいがちなのが、「炊飯器の電源コードのタコ足配線」です。
キッチン周りには家電製品がおおく、コンセントの穴の争奪戦になりがちですが、
炊飯器はコンセントに直刺しするようにしましょう。

というのも、電子レンジなどの大容量の電気を必要とする家電とタコ足配線にしてしまうと、
炊飯器が充分な力(電力)を発揮できずに炊き上がりにムラができてしまう可能性があります。

炊飯器の性能をフルに生かしておいしいご飯を炊き上げる為に、コンセントの配線にも気をつけたいところです。

650f03841d049301a2df29f5513280bd_s.jpg

ボタン一つで簡単にお米が炊ける炊飯器ですが、
上記のような点に気をつけると、普段のごはんが更においしく変身します。

今日からすぐにでもできるコツなので、さっそく試してみてくださいね。
posted by お米さん at 07:36| 調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

慌しい朝は「無洗米+おひつ」で、ササッとおいしいおにぎりを作ろう!

無洗米の魅力は、なんといっても「お米をとがなくて良い」ことです。

時間がないときや急いでごはんを炊きたいとき、
1分1秒が惜しいときに、シャカシャカと研がなくてよい無洗米はとても便利。

fb8459a56ffaef6b4eef3de926acf598_s.jpg

そんな「時短家事」にももってこいな無洗米を
「急いでおにぎりにしたいとき」もあるのではないでしょうか?

たとえば、朝早くから家族のお弁当を作っているとき。

研ぎ時間を大幅にカットできる無洗米は、あわただしい朝の時間にはもってこいですが、
実際、炊き上がりホヤホヤのごはんは、おにぎりにしようにも、
あつくて、にぎるのはちょっと大変ですよね^^;

「家族のために、熱くても気合でにぎる!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、
ヤケドしてしまっては元も子もありません。

また、炊きたて時はごはんも柔らかくて、なかなか形がまとまらずに更に苦戦します。

炊き上がったごはんを、お茶碗などに平たく盛って冷ましてからにぎるのも良いですが、
ここは是非「おひつ」を使うのをオススメします。

「おひつ」


【国産さわら材】おひつ(18サイズ・約3.5合まで用)

昔ながらの調理器具です。

若い子だと、見たことないかも!?


素材は木製のものがおすすめです。



ごはんが炊き上がったら、まず底のほうからざっくりと混ぜて、次におひつに移します。

そのままおひつのフタを開けておけば、「木」が余分な水分を吸い取りつつ、いい感じに温度が下がっていきます。


結果、

べたべたした感じがなくなり、ふっくらおいしい白米に変身♪

おひつフタが空いてる&おひつには保温効果はないので、ごはんはどんどん冷めていきます。
おにぎりもにぎりやすい温度になるのと同時に、ほどよい水分加減の美味しいごはんができあがり!

おひつは、普段の調理時でもごはんをおいしくしてくれるアイテムなので、
1つキッチンに置いておくと便利です。


一概におひつといってもピンからキリまであるのですが、
さわら、杉、ひのきなどの白木製で、木目が他舞ものが好ましいといわれています。

使い終わったら、食器洗い用の中性洗剤でゴシゴシ洗い、風通しのよいところで陰干しをしてくださいね。


そうそう。

無洗米&おひつの炊きたてごはんでおにぎりを作る場合は、
「いつもより少し、お水を少なくして硬めに炊くのがポイント」です。

新米の場合は、さらにお水を少な目にすると良いです。

炊飯器やお米の状態によっても水分量は変わってきますので、
様子を見つつ調整してみてください。

以上、時短でも超おいしいおにぎりの作り方でした。
「おひつ+無洗米」の最強タッグ、ぜひ試してみてくださいね。
posted by お米さん at 08:11| 調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。