カテゴリー:無洗米のデメリット

2015年06月01日

無洗米はまずいと思っている方へ!おいしく炊く為のポイント3点解説

いろいろなお話を聞いていると、

「無洗米は便利だけどおいしくない」

「無洗米って、なんとなくまずいイメージがある……」


と仰る方もいらっしゃるようです。

さみしげな夕日.jpg

私も、はじめて無洗米という存在を人づてに聞いたときは、

「なにその不思議米、大丈夫なの?」

と思いました^^;


本来、洗うべきお米をそのまま炊くなんて、信じられなくて、
ついネガティブなイメージを持ってしまったんですね^^;

「料理は愛情」という考えからすると、

研がないお米→愛情のないお米→まずい

というイメージが先行する場合もあるようです。


今となっては、無洗米の知識もついてきたので、
無洗米がまずい! というのは誤解であると分かっていますが、
人によっては「無洗米はあまり美味しくない」というイメージは根強く残っているようです。


実際のところ、普通の精白米と比べて、
無洗米の方が味に決定的な差があるということは無いと思っています。


では、具体的に「無洗米がまずいとされる理由」は何でしょうか?

その主な理由を3つ、順番に見ていきたいと思います。


【無洗米がまずくなる理由@】

 水加減に失敗している


無洗米は、普通の精白米と比べて「ぬか」をあらかじめ取り除いているぶん、
かさが小さくなります。

ですので炊飯時の水の量は、精白米を炊くときよりも若干多めに入れる必要があります。

→無洗米の水の量はどれくらいにすればいい?おいしく炊ける水加減は?

水加減を微調節していけば、ベタベタしたお米になったり、逆に芯が残ってしまったりといった、
炊飯時の失敗を減らすことができます。



【無洗米がまずくなる理由A】

 お米を研いでから炊いた

無洗米は、加工の段階ですでに「肌ヌカ」を取り除いているため、研ぎ洗いの必要はありません。

お米は研ぐものだと教えられて育ってきた私たちですので、
研がずに炊く、という行為が不安要素になってしまい、つい、無洗米をゴシゴシ研いでしまったり、
何回かすすいでしまったりするケースもあるようですが、

無洗米は、お水で研いでしまうと、
「旨味成分」が水で流れていってしまうのです。

無洗米は、研がずにそのまま炊くようにしましょう。




【無洗米がまずいとされる理由B】

 安すぎるお米を買ってしまった

これは無洗米に限ったことではないのですが、
安すぎるお米というのは、品質になにかしらの問題があるお米です。

他のお米と見比べてみて、明らかに粒が小さいお米は、通称「クズ米」であることが多々あります。

また、古くなったお米が安売りされていることもありますが、
この場合もお米自体が乾燥してパサパサになっている可能性があります。

お米は私たちの主食です。

あまりにも安価なお米は避けたほうがよいでしょう。


→当サイトオススメ、配送前に精米してくれる無洗米レビューはコチラ


ごはんと味噌汁.jpg


最近の無洗米は、ぬかを取り除く加工方法も進化してきており、
栄養を残したおいしい品種のものも増えてきています。

便利で健康にも良く、家事時間の短縮にもなる無洗米、
上手に食卓に取り入れてみてくださいね。

posted by お米さん at 11:55| 無洗米のデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

無洗米を使う4つのデメリット【本当にとがなくていいの?】

無洗米は上手に家事に取り入れていくと、とても便利なお米です。

炊飯器.jpg

お米自体をとがなくていいので、家事の時短になり、水道代も節約できます。

また、冬場などは冷たいお水に触らなくてもいいので、手あれの心配もなくなります。

排水溝にとぎ汁を流さないので、環境にもいいのが無洗米のメリット。

→無洗米のメリット、詳細はコチラ


こうして無洗米の良さを並べていくと、とても便利なものだということは分かりますが、

なんだか「便利すぎて逆にあやしい」と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。


そこで今回は「無洗米のデメリット」について見ていきたいと思います。

デメリットは、大きく分けて4つです。


【無洗米を使うデメリット その@】

→ 精白米と比べて、価格が若干高い

無洗米は、炊飯時にお米をとがなくていいようにあらかじめ「加工」がしてあります。
加工費のぶん、若干、お値段は高く設定されています。

無洗米を使えば、とぎ時間の短縮、水道代の節約になりますので、一長一短ですが、
精白米と比べると、購入時のコストが少し多めにかかるのは事実です。


【無洗米を使うデメリット そのA】

→ 「本当に研がなくていいのか?」と不安になる

人間は「未知のもの」に対して、猜疑心を持つ生き物です。
これまで「お米はとぐのがあたりまえ」という認識で生きてきたのに、
ある日突然、
「このお米は研がなくていいんです!」
と言われても「えええ、本当にだいじょうぶなの?」と不安になるのは当然のこと。

実は私も最初はかなり不安でした^^;

しかし、いろいろと無洗米について調べていくうちに、

「ああ、加工の段階でヌカを取り除いてくれてるので、とがなくてもいいんだ」

「お水をいれたときに白濁するのは、デンプンが水中に溶け出しているからなのか」

と知ってからは、安心して使えるようになってきました。



【無洗米を使うデメリット そのB】

→ 購入できるお米の種類・品種が少ない

無洗米は、普通の精白米と比べるとまだまだ歴史の浅いお米です。

最近では無洗米の品種もどんどん増えつつありますが、精白米と比べると選べる種はが少なくなります。



【無洗米を使うデメリット そのC】

→ なんとなく、手抜きをしているようで精神的に嫌だ

昔からお米をとぐことに慣れている方は、カンタン便利な無洗米をつかうと、
「こんな簡単でいいわけない!」と、逆に不安になるようです。

精白米を冷たいお水で一生懸命とぐ=料理への愛情

のような感じで、

「お米をとぐのがライフワーク!」
「とがないお米はお米じゃない!」
「お米をとぐのが好き! 楽しい!」

とお考えの場合は、無洗米の手軽さは逆にデメリットにうつってしまうようです。



以上4点、無洗米を使うデメリットを挙げてみました。

今現在も、普通の精白米はスーパーで売られています。
精白米も、まだまだ根強い人気があるのが事実。

お好みや生活スタイルにあわせて、上手に無洗米を取り入れていきましょう^^

posted by お米さん at 18:20| 無洗米のデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。