カテゴリー:お米の保管場所

2015年06月12日

古いお米が粉を吹いてるんだけど……どうすればいい?

お米は開封後、空気に触れて酸化が進むと粉をふいてくることがあります。

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s.jpg

とくに無洗米は、加工の段階で表面の「肌ヌカ」を落としているぶん、
酸化が進行しやすい場合もあるようです。

また、普通のお米でも、年月がたつにしたがって、どんどん酸化は進みます。

お米を手ですくってみたときに、手に白い粉がついてしまうような場合は、
かなり酸化が進んでいる状態。

そうなると……

「これって、食べても大丈夫なのかな……?」

と不安になってしまいますよね^^;


結論から言うと、
お米は多少、粉が吹いていても食べられないことはないです。

精米当初と比べると、味はかなり落ちてしまっていますが、
食べても害がある、ということはありません。

ただし!

カビが生えている場合は、食べないほうが良いでしょう。
勿体ないですが、全部捨ててしまったほうがいいです。

カビの菌は、人間の目には見えません。
おいしく食べるはずのごはんで体を壊してしまったら本末転倒です。



★お米の酸化を防ぐには、保存方法の見直しも大切!

cbddc8eb27427232cc9279b80f5aecd2_s.jpg

お米は、食べきれる量をちょこっとずつ購入して、
食べきる前に少しずつ買い足しをするのがベストです。

そして、保存方法に一手間かけることによって、
できるだけ酸化を防ぐ工夫も必要。

方法としては……

・透明の密閉容器に保管する

購入時のビニール袋に入れたまま、保管をするのは避けましょう。
酸化だけではなく、湿気によってカビが生えたり虫が沸きやすくなったりしがちです。

ペットボトルの容器を綺麗に洗って乾燥させてから保存用に使うと、
そのまま冷蔵庫に保管することもできるので便利。

タッパーのような、きちんとフタが閉まる容器もおすすめです。

密閉容器に入れたお米は、直射日光の当たらない冷暗所でそっと保存しておきましょう。




★長期間の備蓄用なら、真空パックのお米がおすすめ!

ご自宅で備蓄用にお米を多めに置いているケースも多いと思います。

急なトラブル時や、緊急時などにお米のストックがあるととても便利です。

長い間、お米を保存する場合は、真空パック状態のお米を用意すれば、
酸化での劣化が少なくなるのでおすすめです。

→真空パックのお米について



粉がふいてしまったお米は、どうしても味が落ちてしまいます。

カビなどとは違い、食べても害はないのですが、できるだけおいしいお米を食べる為にも、
日ごろから保存方法には気をつけていきましょう^^
posted by お米さん at 09:48| お米の保管場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

備蓄用に!保存用に! 真空パックのお米について、よくある疑問編

普通のお米や無洗米は真空パック状態で販売されていることも多いです。

真空パックのメリットといえば、なんといっても「日持ちすること」ですが、

「真空パックのお米は具体的にどれくらいの期間、もつの?」
「保存方法はどうすればいい?」

といった、疑問もわいてくるかもしれません。


そこで、ここでは「お米の真空パック」について、お話していきたいと思います。

04098446e9076ff93ae675919aca2e79_s.jpg

★真空パックのお米が日持ちするのは何故?

精米後、酸素に触れたお米はどんどんと劣化していきます。
そこで、真空包装をすると空気が抜けるため、お米の劣化の原因となる「酸素」を遮断できます。
結果、精米ホヤホヤの鮮度を保ちやすくなります。


★真空状態での保存期間はどれくらいまで?

未開封の状態でしたら約1年間です。
開封後は、約1ヶ月、長くても2ヶ月以内に食べるのが良しとされています。


★保存方法は? そこらへんに適当に置いておいてもいいの?

真空パックのお米は、できるだけ涼しいところそっと保管しておきましょう。
直射日光のあたらない20度以下の場所がおすすめです。
高温になると、たとえ真空状態といえど劣化が進んでしまいます。


★包装に穴が開いた! これってもう、どうしょうもない?

どうしょうもありませんので、早めに食べてしまいましょう。
袋に穴が開いて、お米に空気が触れてしまうと酸化が始まってしまいます。


★真空パックのお米をおいしく食べるコツは?

開封後のお米は乾燥しやすくなってしまうので、乾燥させてたペットボトルやタッパーなどの透明の容器に移し替えて冷蔵庫で保管しましょう。

→お米の保管方法

また、長期保存後のお米は乾燥でパサパサすることもあるので、炊飯時に少し多めにお水を入れましょう。

84a8abd75509f65e0d495b41325a5366_s.jpg

真空パックのお米は、未開封状態なら1年はもちますので、
災害時や緊急時などに備え、一家に1パック常備しておくと有事の際に便利です。

とくに、無洗米の真空パックでしたら、炊飯時に使うお水の量も少なくて済むので、
何かあったときには本当に助かります。

→おすすめの真空パック無洗米はコチラ

長期保存が可能な真空パックのお米を、生活に上手に取り入れていきましょう。
posted by お米さん at 13:38| お米の保管場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

意外と知らないお米の保存方法! 保管場所はどこがおすすめ?

お米の保存方法

お米の保存方法でおすすめなのは、中身が見える密閉容器です。

容器の材質は何でもよいです。

中身が見えると、お米の状態がきちんと観察できる為、
虫の発生などの非常事態にも早く気づくことができます。

使用済みのペットボトルを綺麗に洗って天日干しして使用するのも良いですね。

20610fa267ab42743e0f5a0b6c07aa14_s.jpg
(きちんと乾かしてから使いましょう♪)

昔は、どこの家にも「米びつ器」があり、そこでお米を保存していました。
米びつ器にお米をザザッと入れておき、必要なときに合数のボタンを押すと、
軽量されたお米が出てくる機械ですが――もしかしたら最近の子は知らないかもしれません^^;

この「米びつ器」は中身が見えなかった為、庫内でぬかが溜まり、
虫が発生しやすいという難点がありました。

最近ではあまり見かけなくなりましたが、そういった点も考慮すると、
やはり「中身がきちんと確認できる密閉容器」に入れて保管するのがおすすめです。


逆に、お米の保管場所としてぜったいに避けたいのが
「売られていた袋のままの状態で保管すること」です。

お米が包まれている袋の素材はほぼビニールです。
そのまま使っていると、お米が酸化したり湿気を含んだり、最悪の場合でカビが生えてしまいます。

せっかく購入したお米にカビが生えてしまったらショックですよね。
お米を袋のまま保管するのは、ぜったいにやめましょう。


【キッチンの中で一番適切な保管場所は冷蔵庫】

お米の保管場所としてオススメとされている条件は、

・15℃以下
・湿気が少ない
・直射日光が当たらない


以上の3点を満たした場所になります。

ズバリ、おすすめなのは「冷蔵庫での保管」です。

冷蔵庫内は常に15℃以下に保たれていますし、直射日光も当たりません。
お米の保管に冷蔵庫は、実は最適な場所なのです。

とはいえ、冷蔵庫に10キロのお米をドーンと入れてしまっては、
他の食材が入れられなくなってしまいます。

冷蔵庫に保管しきれないぶんは、別の容器に入れて、なるべく涼しいところに保管するようにしましょう。
posted by お米さん at 00:28| お米の保管場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。