カテゴリー:無洗米とは?

2015年05月02日

無洗米とは?普通の白米と炊き方や水加減は違うの?

無洗米(むせんまい)が日本に普及してからもう随分たちました。

最初の頃は
「えっ! お米をとがないなんてアリなの!? 大丈夫なの?」
との声もあちらこちらで聞きましたが、
今となっては
「もう無洗米でないとお米が炊けない!」という方もいらっしゃるほどの普及率です。

314dd69949afc8850d9b3a4c7c1e7be2_s.jpg

この無洗米はその名の通り洗わず、とがずに、そのまま炊けるのが特徴の便利なお米です。

しかし、これまで精白米を食べてきた方は、炊き方や水加減で戸惑われることもあるかと思います。

そこで、ここでは無洗米の水加減や炊き方のコツなどを紹介していきます。


【無洗米のお水、白濁の原因はでんぷん】

まず、 無洗米に水を入れると白濁して驚かれる方がいらっしゃいますが、これは米ヌカではなく、お米のでんぷんが水中に溶け出しているためです。そのまま炊いてしまって問題ありません。


【給水時間の目安は?】

給水は30分〜40分行うと良いでしょう。
あらかじめお水につけておくことによって、さらにおいしい炊き上がりが期待できます。


【無洗米の炊き方】

無洗米は、とがずにそのまま炊飯器に入れてしまってOK。
もし、どうしても気になるようなら軽くすすぐいでも大丈夫です。


【無洗米の水加減は?】

そして、無洗米を炊くときに気をつけたいのは水加減です。
普通のお米を炊くときよりも、水の量を1割ほど増やすのがポイント。
というのも、同じ1カップのお米でも、無洗米は「ぬかを落としているぶん、一粒あたりの体積が小さい」為、計量の際、カップに入るお米の量が増えてしまいます。
その為、普通のお米のときと同じ水加減では、どうしても炊き上がりが硬くなってしまう傾向があります。

1割ほと水を増やす、と言いましたが、無洗米の種類によっても変わってきますので、
毎回、炊くたびに少しずつお水の量を変えていき、ベストな量を見つけるのが良いでしょう。

最近では炊飯器に「無洗米コース」がついたものもあります。
→人気の炊飯器を楽天で見てみる
これを利用するのも手ですね。

無洗米は、ぬかを製造工程で落としているので、ジャーに黄ばみやにおいが残らないというメリットもあります。
単純にお米をとぐ手間が省けるため、毎日忙しい方や時短家事を目指している方にも是非おすすめです。



posted by お米さん at 23:47| 無洗米とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。