2015年06月14日

備長炭を使って、さらにおいしいお米を食べよう!

お米を更においしく炊くコツとして「備長炭」を使う方法があります。

備長炭.jpg

備長炭――

そう、黒い木炭の一種の、あの備長炭です。

こんな感じの。

8ec34d10825d60fd95a9d46680695cf4_s.jpg

これを、炊飯時にお米の上にのせて炊くと、
様々な備長炭効果でお米がさらに美味しくなるのです^^


しかし、備長炭をまだ使ったことがない場合は、

「えええ、こんな黒いものを白いご飯の上にのせて大丈夫なの?」

「炭って、あの炭でしょう? 使い方がサッパリ分からないんだけど……」


と、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。


というか、私も最初、
「お米に炭!」と聞いたときは「なにそれ、こわい」と不安に思いました 笑


というワケで、ここでは、炊飯時における備長炭の使い方を解説していきます。


★使い始めは、備長炭の表面をタワシで洗ってから10分間煮沸消毒を!

ご自宅に届いた備長炭は、これまでの経由地点で空気の汚れを炭に吸着している場合があります。
食べ物に使うものですので、使用前には、備長炭の表面をタワシで洗ってから、
10分ほど、熱湯で煮沸消毒をしておくといいでしょう。


★炊飯器の釜の中に備長炭をふつうにのせて、そのまま炊く

使い方は簡単です。
備長炭を炊飯器の内釜の中にいれて、そのまま炊飯ボタンをON!

そうすると、備長炭のもつ遠赤外線効果によって、お米全体に均等に熱がいきわたり、
ムラのない仕上がりになります。

また、備長炭には脱臭効果があります。

水道水のカルキ臭をはじめ、古いお米のにおいなども消臭してくれます。


また、備長炭にはミネラルが含まれています。
炊飯時に備長炭をのせておけば、
炭の中のミネラル分――カルシウムがご飯の中に溶け出していきます。

おいしい上に、ミネラル、カルシウムも摂取できる備長炭はまさにスグレモノなのです^^



★使用後の備長炭の手入れ方法

その日、使い終わった備長炭はしっかりと水洗いを!

表面にくっついたご飯をタワシでこすり落として、風通しの良い場所で乾かしましょう。
2〜3ヶ月は、繰り返して使うことができます。

このとき、洗剤は使わないように注意してくださいね。

備長炭が洗剤のにおい、成分を吸着してしまい、

「お米を炊いたら、洗剤の味がする……」と、せっかくの備長炭がダメになってしまいます。

汚れが気になる場合は、10日ごとに煮沸消毒するのもオススメです。

また、お米を保管している容器に備長炭を入れておくと、虫の侵入や嫌なにおいをふせいでくれます。


★お米に使えなくなった備長炭はどうする?

備長炭をのせて炊飯しても、なんとなく効果が見られなくなったなー?
というときは、備長炭を新しいものと取り替えましょう。

使い終わった備長炭は、冷蔵庫の消臭や園芸などにも使うことができます。


★備長炭を入れるとどうして美味しくなるの?

備長炭には、人間の目には見えない細かな穴がたくさんあります。
この穴が、ご飯の味を落としてしまう粒子を吸着させる為、
おいしいご飯が出来上がるのです。


炊飯時にポンと入れるだけの備長炭。

便利で健康にも良いので、よかったら試してみてくださいね^^


土佐 黄金の備長炭(1本)[備長炭 炊飯用]
posted by お米さん at 11:37| 調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。