2015年06月12日

古いお米が粉を吹いてるんだけど……どうすればいい?

お米は開封後、空気に触れて酸化が進むと粉をふいてくることがあります。

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s.jpg

とくに無洗米は、加工の段階で表面の「肌ヌカ」を落としているぶん、
酸化が進行しやすい場合もあるようです。

また、普通のお米でも、年月がたつにしたがって、どんどん酸化は進みます。

お米を手ですくってみたときに、手に白い粉がついてしまうような場合は、
かなり酸化が進んでいる状態。

そうなると……

「これって、食べても大丈夫なのかな……?」

と不安になってしまいますよね^^;


結論から言うと、
お米は多少、粉が吹いていても食べられないことはないです。

精米当初と比べると、味はかなり落ちてしまっていますが、
食べても害がある、ということはありません。

ただし!

カビが生えている場合は、食べないほうが良いでしょう。
勿体ないですが、全部捨ててしまったほうがいいです。

カビの菌は、人間の目には見えません。
おいしく食べるはずのごはんで体を壊してしまったら本末転倒です。



★お米の酸化を防ぐには、保存方法の見直しも大切!

cbddc8eb27427232cc9279b80f5aecd2_s.jpg

お米は、食べきれる量をちょこっとずつ購入して、
食べきる前に少しずつ買い足しをするのがベストです。

そして、保存方法に一手間かけることによって、
できるだけ酸化を防ぐ工夫も必要。

方法としては……

・透明の密閉容器に保管する

購入時のビニール袋に入れたまま、保管をするのは避けましょう。
酸化だけではなく、湿気によってカビが生えたり虫が沸きやすくなったりしがちです。

ペットボトルの容器を綺麗に洗って乾燥させてから保存用に使うと、
そのまま冷蔵庫に保管することもできるので便利。

タッパーのような、きちんとフタが閉まる容器もおすすめです。

密閉容器に入れたお米は、直射日光の当たらない冷暗所でそっと保存しておきましょう。




★長期間の備蓄用なら、真空パックのお米がおすすめ!

ご自宅で備蓄用にお米を多めに置いているケースも多いと思います。

急なトラブル時や、緊急時などにお米のストックがあるととても便利です。

長い間、お米を保存する場合は、真空パック状態のお米を用意すれば、
酸化での劣化が少なくなるのでおすすめです。

→真空パックのお米について



粉がふいてしまったお米は、どうしても味が落ちてしまいます。

カビなどとは違い、食べても害はないのですが、できるだけおいしいお米を食べる為にも、
日ごろから保存方法には気をつけていきましょう^^
posted by お米さん at 09:48| お米の保管場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。