2015年06月09日

炊飯時のお水は、安全で柔らかい日本の天然水がおすすめ!

炊飯時に使いたいお水は「安全で生命力のある水」です。

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s.jpg

具体的には、浄水器を通したお水
もしくは日本国産の天然水です。

日本のお米には、やはり日本のお水――軟水が合うのです。



★軟水と硬水の違い!

とはいえ、

「軟水、硬水ってなんじゃらほい?」

「軟水、硬水って、聞いたことはあるけど何が違うの?」

と、首をひねってしまう場合もあるかもしれません。



その差を簡単に言うと、


→軟水は、マグネシウムとカルシウムの含有量がわりと少ない水

→硬水は、マグネシウムとカルシウムの含有量がわりと多い水



という違いになります。


つまり、水中の「マグネシウムとカルシウムの量」が多いか少ないか、で
お水の硬度がきまってくる
んですね^^


また、国によって、お水の硬度は変わってきます。

日本のお水は、比較的飲みやすいとされている「軟水」がほとんど。

軟水は、のどごしが柔らかくて、さっぱりした感じがします。

反対に、海外のお水でよくある硬水は、若干のクセがあってノドにひっかかる感じがする、
とおっしゃる方もいらっしゃいます。

一般的に、日本のお米の炊飯時におすすめできるのは軟水となります。

硬水は、慣れれば飲みごたえが出てきますが、
性質上、和風の料理にはあまり適さないとされています。


★たかが水! されど水!

50658d32cef54cae90efe37e51ae6f8e_s.jpg

無洗米はとぎ洗いをしなくていいお米です。
よって、使うお水の量は普通の精白米と比べると、格段に少なくてすみます。

そこで……

その「少しだけ使うお水」を、できるだけおいしいお水を使うように心がければ、
普通に炊飯したときよりもおいしい仕上がりになり幸せな気分になれます^^


日本の水道の蛇口をひねると、ほとんどの地域で「軟水」が出てきます。

炊飯時のお水は、普通の水道水でも大丈夫といえば大丈夫なのですが、
地域によってはカルキ臭がする場合もあると思います。

せっかくのご飯なので、できればミネラルウォーターなどを使うと、
さらにおいしい炊き上がりになります。

最近では、スーパーでお水が無料で汲めるようになっていることも多いので、
そういったサービスを利用して、おいしいお水を手にいれましょう^^


お米は水分を吸います。

炊飯に合ったお水を使うことが、
ごはんを美味しく炊き上げるコツにもなるのです!
posted by お米さん at 11:24| 無洗米の水加減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。