2015年06月08日

緊急時、災害時に無洗米を使ってお米を炊く方法を解説!

なにかしらの災害時や緊急時に、お米のストックがあると助かることがあります。

ccfec31e92442299fab4625fa829b7f7_s.jpg

我が家では、お米の備蓄として無洗米の真空パック入りを置いております。

ありがたいことに、今のところ急を要して使う機会はなかったのですが、
「いざというときに、お米がある!」
と思うと、心なしか安心できます。

真空パック包装されたお米は、酸素に触れることによって起こる劣化が少ない為、
未開封の状態で1年ほど保管ができます。

保管してから1年が近づいたら、普通に食べてしまい、
また、新しく書い足しをするようにしています^^

⇒ 真空パックの無洗米、詳細記事はコチラ


★災害用・備蓄用のお米は、無洗米がおすすめ!

b770fa706bc493cdf4ae1d7166393a20_s.jpg

無洗米は、お水でバシャバシャと研ぎ洗いをする必要がないように、
あらかじめ加工されたお米です。

地震などの緊急時は、キレイなお水は私たちにとってとても貴重。

炊飯時のお水を節約できる無洗米は、普段の時短家事には勿論、
緊急時にもぜひおすすめしたいところです。

カセットコンロとお鍋があれば、簡単にお米をたくことができます。


★カセットコンロと鍋を使った、無洗米の炊き方!


お米・無洗米は、炊飯器でなくとも、普通のお鍋で炊き上げることが可能です。
緊急時には、以下の方法で炊飯してみてくださいね。


@無洗米と綺麗なお水をお鍋に入れます
(お水は、お米の量よりちょっと多いくらいでOK)

Aお鍋にフタをして、沸騰するまで強火でグツグツします

B沸騰してしばらくしたら、中火で3分ほど置き、その後、弱火で5分くらいコトコトします

Cお鍋の中の水分が無くなったら、ふたをしたまましばらく蒸らして完成!

Dさめないうちにお召し上がりください♪



★ビニール袋を使った、無洗米の炊き方!

また、緊急には「お皿がない!!」ということもあるかと思います。
そんなときは……
実は、
「ビニール袋を使ってお米を炊く」ことも可能なのです!

ビニール袋を使って炊飯すれば、できあがったらそのまま袋を食器がわりにして
食べることも可能なので便利です。

せっかくなので、方法を解説してみますね。


@お鍋の中に水を入れて沸騰させます

(この時使うお水は、雨水や川・海のお水でOKです。
 綺麗なお水は飲み水として取っておきましょう)


Aビニール袋の中にお米(無洗米)と、お米と同量の飲料水を入れてます。
 袋の中に入った空気を抜き、口を輪ゴムを使ってしっかりと閉じます。

 袋の中に、お鍋の中の水が入らないように、しっかりとビニール口を閉じましょう!

Bお鍋の水が沸騰したら、Aを袋ごと投入。
 その後、30分ほどグツグツ煮込んだら完成です!


ビニール袋や中のご飯は、めちゃくちゃ熱くなっているので、
ヤケドに気をつけながらお召し上がりくださいね。

ちなみに、ビニール袋はできるだけ「厚手のもの」を使ったほうが良いです。
薄手の袋ですと、30分間の煮込みに耐えられず、途中で袋が破れてしまうことになります……。

貴重なお米ですので、できるだけ失敗は避けたいところ。

念のため、もう一度言いますね、

袋は厚手のものを使いましょうね!



以上、
電気、ガス、水道などのライフラインが止まった時に便利な無洗米での炊飯方法の解説でした。

災害はないにこしたことはありませんが、
万が一、もしものときの為に、日ごろから対策をしておきましょう。

posted by お米さん at 11:41| 無洗米のメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。