2015年09月30日

超おいしい! 27年産のおすすめ無洗米はコチラ!

便利で家事の時短にもなる無洗米。

0343dbc1102b4f4f1f1c00a27d5e25f5_s.jpg

さっそく使ってみるべく、あれこれ選んでいると……


「うーん、種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からない

「無洗米といっても色々あるけど、どれが一番おいしいのかな?

「ネット通販でお米を買いたいけど、ハズレは引きたくない!
 おすすめが知りたい!



と、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お米って、本当に種類が多いので、
どれにするか迷い出したらキリがなく、ちょっと大変ですよね^^

そこで、ズバリ、
当サイトのおすすめ無洗米はコチラです!

→【27年産 特A 京都丹後産 無洗米 こしひかり】


27年産 特A 京都丹後産 無洗米 こしひかり



【京都丹後産 無洗米 こしひかりのココが良い!】

こちらのお米の一番のポイントは、なんといっても

注文してから精米してくれることです。

精米してからのお米の賞味期限は案外短くて、

冬場などの寒い日は最長でも2ヶ月、
春先で約1ヶ月、
梅雨時期から初夏にかけては3週間程度、
真夏の暑いときは2週間ほど……。

賞味期限を過ぎてしまうと、せっかくのお米ですがどんどん風味が落ちて劣化していく傾向に……

→お米の賞味期限は?

しかし、できるだけ新鮮なものを食べたいのが本音というもの。

こちらのコシヒカリは、14℃以下の環境で玄米のまま保存したお米を、
注文後に精米してから配送してくれます。

2015y05m03d_025836860.jpg

精米日は、新鮮でおいしいお米選びの為の秘訣中の秘訣。
見逃せないチェックポイントです。

【どんな味、風味のお米なの?】

無洗米ですがパサパサしておらず程よい甘味ともちもち感が味わえます。
つやつやぴかぴかで、甘みのある美味しいご飯です。
弾力があり、モッチリと粘りのあるお米がお好きな方にはもってこいです^^





【特Aランクの特別栽培米】

京都丹後産のこしひかりは、
全国のお米ランキングで「一番おいしいお米」であるという「特Aランク」指定です。

また、科学肥料を使わずに稲を栽培されている為、残留農薬の影響が限りなく少なくなっている安全性の高いお米になります。

2015y05m03d_025814217.jpg


【基本情報】


2016y04m17d_091709122.jpg

【その他】

■送料無料

■クレジットカード使用可能

■配送時間帯の指定可能

■容量:5kg×2袋


長々と書いてしまいましたが……
まとめると、

・安全性が高く、
・鮮度の高い
・おいしい無洗米
・27年産である


という観点で、おすすめな無洗米がコチラですっ!

↓ ↓




※クリックで、詳細が確認できる販売ページ(楽天)へジャンプします♪
______________________________________
posted by お米さん at 22:42| 27年産おすすめ無洗米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

備長炭を使って、さらにおいしいお米を食べよう!

お米を更においしく炊くコツとして「備長炭」を使う方法があります。

備長炭.jpg

備長炭――

そう、黒い木炭の一種の、あの備長炭です。

こんな感じの。

8ec34d10825d60fd95a9d46680695cf4_s.jpg

これを、炊飯時にお米の上にのせて炊くと、
様々な備長炭効果でお米がさらに美味しくなるのです^^


しかし、備長炭をまだ使ったことがない場合は、

「えええ、こんな黒いものを白いご飯の上にのせて大丈夫なの?」

「炭って、あの炭でしょう? 使い方がサッパリ分からないんだけど……」


と、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。


というか、私も最初、
「お米に炭!」と聞いたときは「なにそれ、こわい」と不安に思いました 笑


というワケで、ここでは、炊飯時における備長炭の使い方を解説していきます。


★使い始めは、備長炭の表面をタワシで洗ってから10分間煮沸消毒を!

ご自宅に届いた備長炭は、これまでの経由地点で空気の汚れを炭に吸着している場合があります。
食べ物に使うものですので、使用前には、備長炭の表面をタワシで洗ってから、
10分ほど、熱湯で煮沸消毒をしておくといいでしょう。


★炊飯器の釜の中に備長炭をふつうにのせて、そのまま炊く

使い方は簡単です。
備長炭を炊飯器の内釜の中にいれて、そのまま炊飯ボタンをON!

そうすると、備長炭のもつ遠赤外線効果によって、お米全体に均等に熱がいきわたり、
ムラのない仕上がりになります。

また、備長炭には脱臭効果があります。

水道水のカルキ臭をはじめ、古いお米のにおいなども消臭してくれます。


また、備長炭にはミネラルが含まれています。
炊飯時に備長炭をのせておけば、
炭の中のミネラル分――カルシウムがご飯の中に溶け出していきます。

おいしい上に、ミネラル、カルシウムも摂取できる備長炭はまさにスグレモノなのです^^



★使用後の備長炭の手入れ方法

その日、使い終わった備長炭はしっかりと水洗いを!

表面にくっついたご飯をタワシでこすり落として、風通しの良い場所で乾かしましょう。
2〜3ヶ月は、繰り返して使うことができます。

このとき、洗剤は使わないように注意してくださいね。

備長炭が洗剤のにおい、成分を吸着してしまい、

「お米を炊いたら、洗剤の味がする……」と、せっかくの備長炭がダメになってしまいます。

汚れが気になる場合は、10日ごとに煮沸消毒するのもオススメです。

また、お米を保管している容器に備長炭を入れておくと、虫の侵入や嫌なにおいをふせいでくれます。


★お米に使えなくなった備長炭はどうする?

備長炭をのせて炊飯しても、なんとなく効果が見られなくなったなー?
というときは、備長炭を新しいものと取り替えましょう。

使い終わった備長炭は、冷蔵庫の消臭や園芸などにも使うことができます。


★備長炭を入れるとどうして美味しくなるの?

備長炭には、人間の目には見えない細かな穴がたくさんあります。
この穴が、ご飯の味を落としてしまう粒子を吸着させる為、
おいしいご飯が出来上がるのです。


炊飯時にポンと入れるだけの備長炭。

便利で健康にも良いので、よかったら試してみてくださいね^^


土佐 黄金の備長炭(1本)[備長炭 炊飯用]
posted by お米さん at 11:37| 調理器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

古いお米が粉を吹いてるんだけど……どうすればいい?

お米は開封後、空気に触れて酸化が進むと粉をふいてくることがあります。

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s.jpg

とくに無洗米は、加工の段階で表面の「肌ヌカ」を落としているぶん、
酸化が進行しやすい場合もあるようです。

また、普通のお米でも、年月がたつにしたがって、どんどん酸化は進みます。

お米を手ですくってみたときに、手に白い粉がついてしまうような場合は、
かなり酸化が進んでいる状態。

そうなると……

「これって、食べても大丈夫なのかな……?」

と不安になってしまいますよね^^;


結論から言うと、
お米は多少、粉が吹いていても食べられないことはないです。

精米当初と比べると、味はかなり落ちてしまっていますが、
食べても害がある、ということはありません。

ただし!

カビが生えている場合は、食べないほうが良いでしょう。
勿体ないですが、全部捨ててしまったほうがいいです。

カビの菌は、人間の目には見えません。
おいしく食べるはずのごはんで体を壊してしまったら本末転倒です。



★お米の酸化を防ぐには、保存方法の見直しも大切!

cbddc8eb27427232cc9279b80f5aecd2_s.jpg

お米は、食べきれる量をちょこっとずつ購入して、
食べきる前に少しずつ買い足しをするのがベストです。

そして、保存方法に一手間かけることによって、
できるだけ酸化を防ぐ工夫も必要。

方法としては……

・透明の密閉容器に保管する

購入時のビニール袋に入れたまま、保管をするのは避けましょう。
酸化だけではなく、湿気によってカビが生えたり虫が沸きやすくなったりしがちです。

ペットボトルの容器を綺麗に洗って乾燥させてから保存用に使うと、
そのまま冷蔵庫に保管することもできるので便利。

タッパーのような、きちんとフタが閉まる容器もおすすめです。

密閉容器に入れたお米は、直射日光の当たらない冷暗所でそっと保存しておきましょう。




★長期間の備蓄用なら、真空パックのお米がおすすめ!

ご自宅で備蓄用にお米を多めに置いているケースも多いと思います。

急なトラブル時や、緊急時などにお米のストックがあるととても便利です。

長い間、お米を保存する場合は、真空パック状態のお米を用意すれば、
酸化での劣化が少なくなるのでおすすめです。

→真空パックのお米について



粉がふいてしまったお米は、どうしても味が落ちてしまいます。

カビなどとは違い、食べても害はないのですが、できるだけおいしいお米を食べる為にも、
日ごろから保存方法には気をつけていきましょう^^
posted by お米さん at 09:48| お米の保管場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。